50部程度の名刺印刷について

名刺と言うのは、大半の場合100枚程度の部数が一般的です。

また、最近は朝10時頃までに注文をすると、即日制作が行われ、夕方頃には会社に届けてくれるサービスを行っている企業もあり、残り枚数が少なくなっている時などに便利なサービスと言えます。
但し、このサービスでは、1度に印刷が行われるのは100枚単位となりますので、部数が少ない場合は利用する事が出来ません。

また、専門の業者などの場合でも、基本的には1度の発注では100枚単位となりますので、10~50部と言う半端な部数では取り合って貰えない事の方が多いのです。但し、何度と無く、同じ業者で名刺印刷を依頼している場合、その会社の中や自社の中で版下やデータを保管している場合など、ダイレクト印刷やオンデマンド印刷を行う事で端数の名刺の制作が可能になる事もあります。

また、専用の用紙を使う事で、会社の中で名刺を制作する事も出来ます。
パソコンの画面上でレイアウトを行い、それをプリンターを使って印字を行うのです。
この場合、1枚1枚行うのではなく、A3サイズなどのサイズの中に、複数の名刺を1度にプリントアウトしますので、後でカットをしなければなりません。


しかしながら、部数が少ない場合など、急にまとまった枚数が必要になった時など便利なものです。

また、部数が少ない分専門業者に依頼をすれば単価が高くなりますが、自社で行なえばその単価は材料費と言う事になるのです。

http://matome.naver.jp/odai/2137879500491053201
http://www.city.okayama.jp/category/category_00000238.html
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/kokisogizei/koembochi/1322107950588.html